フケ症 > フケ症体験談話1

フケ症体験談話1について

フケ症は、健康面でもマイナスとなる場合もありますが、基本的にはやはり外見、他人の目に対しての恐怖、コンプレックスが一番の問題かと思います。

フケ症に悩む人は、まずこの点について悩みを持ち、フケ症の治療に行き着くというケースがほとんどなのではないでしょうか。

ここでは、そんな中のある一人の体験談を語り、フケ症の持つ難しさ、厳しさを改めて感じていただけたらと思います。

ここに、Aさん(仮名)という方がおられます。

現在20代後半の男性です。

彼は、小学生の時にフケ症を自覚しました。

多くの人は、フケ症を自覚するのは、小学生の頃でしょう。

彼もその一人だったという事になります。

もっとも、その頃は『フケ症』などといった言葉も、フケが沢山出る事が病気であるという事も知らず、毎日のように頭をかきむしる行為に耽り、フケを外に出していました。

ある日、Aさんは友達から指摘されます。

「お前、ばっちいな」と。

Aさんにとって、フケは身近なものでした。

毎日頭にこびりつくものだからです。

生理的にそれが汚いものであるというのは何となく自覚があり、実際に辞書で調べたり、母親に聞いたりして、フケが汚いものだという認識もありました。

しかし、面と向かって友達にそう言われた事で、Aさんはかなりのショックを受けたそうです。

以降、Aさんは頭をかきむしるのをやめようと試みます。
しかし、癖になってしまっており、なかなかやめることができません。
無意識のうちに、手が頭に伸び、かきむしる行為をしてしまっていました。
これによって仲間はずれにあうなどという事はありませんでしたが、女子からは確実に一歩引かれた存在になってしまったそうです。