フケ症 > 禁酒・フケ症の対策

禁酒・フケ症の対策について

フケ症対策として、禁酒禁煙が挙げられる事があります。

実際に禁酒や禁煙がどのような根拠でフケ症対策として成立しているのでしょうか。

まず、禁酒について。

お酒の中に、フケ症を呼び起こすような成分が含まれているという事はありません。

しかし、過剰飲酒を行ってしまうと、頭皮や髪の毛に栄養素が運ばれにくくなってしまいます。

よって、結果的に頭皮が新陳代謝を活性化させ、フケ症の要因を作ってしまう事になるのです。

これには、ちゃんとした科学的な要因があります。

飲酒を過剰に行うと、体内でのアルコール分解がかなり頻繁に行われる事になりますよね。

そうなった場合、血液中の酵素やその他の栄養素を押しのけてしまう物質が生成されてしまうのです。

これによって、頭に栄養素が行き渡りにくくなってしまうのです。

お酒を飲んだら、顔が急にテカり出す、汗がどんどん出てきて脂っぽくなるという人は多いはずです。

それは、上記のような作用が体の中で起こり、新陳代謝によって汗と脂が分泌されてしまうという科学的な根拠に基づいた現象なのです。

よって、過剰な飲酒はフケ症の敵という事になります。

とはいえ、それまで毎日お酒を飲んでいた人が、いきなり禁酒をしてしまうとなると、それはそれでフケ症に悪影響を及ぼす可能性があります。

それは、ストレスです。

お酒を飲んで日々のストレスを発散させている方はかなり多いかと思います。

そのストレスが溜まってしまう事になれば、フケ症は改善どころか改悪してしまうでしょう。

何事も程々が一番。まずは量を減らすところから始めましょう。