フケ症 > 頭を触らない・フケ症の対策

頭を触らない・フケ症の対策について

フケ症にまだなっていない状況での予防を行う前に、フケ症になってしまった方は多いかと思います。

また、予防をしていても、残念ながらフケ症になってしまった、という人もいるはずです。

さらには、物心付く前、または幼少期に既にフケ症だった、という方も大勢いると思います。

そういった方々がフケ症から解放されるには、フケ症を予防する為の対策を行っていく必要があります。

フケ症対策として、第一に挙げられる基本的事項は、ズバリ頭を触らない事です。

フケ症の方は、当然フケを気にしますよね。

フケが一時になると、頭を触ってしまいがちです。

中には頭をかきむしったり、爪で強引に頭皮を剥がそうとする方がかなり多いようです。

特に皮脂の過剰分泌が原因でフケ症になった人の場合、フケが頭皮、髪の毛の付け根に固まりになってこびりつくケースが目立ちますが、それを強引に剥がそうと爪を立てるのが癖になってしまっているというパターンが多々見受けられます。

フケ症はかゆみも伴うので、余計にかきたくなってしまうもの。

ついつい爪を立てるというのは、当然のことかもしれません。
しかし、それは確実に逆効果です。

爪でフケを強引に剥がそうとかきむしると、頭皮から血が出てきます。

そうなると、かさぶたになり、また気になります。

そしてそのかさぶたをかき、また血が出ます。

この繰り返しです。
こうなると、慢性的に皮脂と血が固まり、こびりつく事になり、菌が大量発生してしまいます。
これが、フケ症の方がどうしてもフケ症を脱却できない一番の要因かもしれません。