フケ症 > フケ症チェック・確認項目

フケ症チェック・確認項目について

自分がフケ症かどうかという確認は、簡単なようで難しかったりします。

フケ症であるという自覚ができるほどの状態では、かなり重度なフケ症であるといわざるを得ません。

一方、まだ軽度のフケ症という場合、大抵は自分では気付かないものです。

肩に落ちるフケも不定期で、服の色によっては気がつかないこともあります。

抜け毛などと違い、頭を洗う際にフケが多いと自覚する事も困難でしょう。

そんな状況では、自覚するのはちょっと難しいというのが現状です。

そこで、フケ症チェック!

フケ症であるかどうかという確認を行う為の、いくつかの項目を紹介します。

・洗髪は二日に一度以下の頻度
・顔の脂が多い
・頭がすぐ痒くなる
・頭皮が赤くなりやすい
・頭皮が痛む
・フケが固まりになりやすい

これらが複数当てはまる場合、フケ症である可能性がかなり高いと言えます。

まず洗髪ですが、基本的には毎日行うべきです。
二日に一度、あるいはそれ以下の頻度の場合、どうしてもフケが頭に溜まりやすくなり、頭皮の皮脂が溜まって菌が繁殖しやすくなります。
そうなれば、嫌でもフケ症になってしまうでしょう。

また、皮脂が多く分泌するという人は、そういう体質であるというケースも多いです。
つまり、脂性というわけです。
脂性の人は、顔も脂が多くなり、テカります。
こういった人は、フケ症である可能性が高いという事になります。
つまり、体質的なフケ症の場合、脂性の改善も同時に行なわなければならないという事になるわけです。