フケ症 > 脂漏性皮膚炎・フケ症の原因

脂漏性皮膚炎・フケ症の原因について

フケ症は、通常よりも多くの量のフケが頭皮から発生してしまう症状の病気です。

そのほとんどの場合は脂漏性皮膚炎と診断されます。

では、このフケ症は、どういったことが原因で起こってしまうのでしょう。

まず、フケが発生するメカニズムについてご説明しましょう。

フケは、頭皮の皮脂が新陳代謝によって古いものから新しいものに入れ替わる際に、古い頭皮がはがれたものです。

ですので、それ自体は自然の摂理です。

しかし、例えば毎日のように大量の頭皮が剥がれ落ちるとなれば、それは当然正常な状態ではありません。

新陳代謝は全身で行われていますが、もし毎日顔の皮がはがれていったら、それは正常とはとてもいえないですよね。

それと同じ事です。

つまり、フケ症というのは、このフケ発生のメカニズムが故障している状況と言えます。

では、何が原因でメカニズムは壊れるのでしょう。

頭皮には、皮脂を分泌する為の皮脂腺というものがあります。

そして、この皮脂を栄養源としている菌もそこにいます。

頭の上に菌がいるというのは、気持ちが悪いように思われますが、人間の身体には沢山の菌が住みついているので、それ自体は全くの正常な状態と言えます。

よって、この菌の存在自体は別段おかしなところはありません。
問題は、皮脂の増加により、この菌が通常よりもはるかに多くなる事です。

皮脂の分泌量が多くなる事で、頭皮の皮脂腺に付着している菌が大量に繁殖する。
これが、フケ症の原因を形成しているのです。