フケ症 > 禁煙・フケ症の対策

禁煙・フケ症の対策について

禁酒同様、フケ症対策として挙げられる事があるのが禁煙です。

禁煙に関しては、禁酒以上に直接的な頭皮への関わりはありません。

ただ、喫煙が血液に与える悪影響、そして体全体に及ぼす悪影響を考えた場合、当然禁煙すべきとみなされます。

喫煙を過剰に行う事で、フケ症の原因である様々な要素が生まれてきます。

例えば、ホルモンバランスの崩壊。

ヘビースモーカーの方は、体内のホルモンバランスを崩しているというケースが目立ちます。

特に女性の場合、タバコを吸うことで男性ホルモンが強くなり、皮脂の過剰分布、ひいてはフケ症の要因を作ってしまうという事になるでしょう。

また、タバコの煙に含まれるニコチンと一酸化炭素は、血液を送り出す機能、血液循環機能を低下させてしまう恐れがあります。
これらの物質を体内に溜め込んでいると、血液が上手く身体に回らなくなってしまう恐れがあるのです。
これは当然頭に対してもそうで、頭に血液が回りにくくなると、栄養素が足りなくなり、新陳代謝を早く行う必要性が生まれ、フケが大量発生してしまう事に繋がります。

禁煙は、禁酒以上に難しいと言われています。
よって、ヘビースモーカーの方がいきなり禁煙、というのは難しいかもしれません。
しかし、タバコはお酒と違い、ほとんどメリットがないどころか、他人にも迷惑をかけるという意味では決して好ましいものではありません。
もし一日3箱くらい吸うようなヘビースモーカーの人の場合は、単純に体がおかしくなる可能性がかなり高いので、すぐにでもやめるべきでしょう。
ストレスの原因になるので、まず先にその代替手段を考える必要がありますが、いずれにしても喫煙はキッパリ止めた方が、フケ症のみならず本人のためです。