フケ症 > 頭をかかない・フケ症の対策

頭をかかない・フケ症の対策について

フケ症対策の基本は、例えフケが気になっても、かゆみを覚えても、頭をかかない事です。

頭をかいてしまう事で、菌が増えてしまう原因を作るからです。

そうならない為にも、我慢する必要があります。

また、フケが溜まった頭皮や髪を触る事で、フケが落ちてしまいます。

これは、自分だけでなく周りの人にとっても不快感を与えてしまいます。

そうなると、周りの自分を見る目が変わってきます。

コンプレックスの大きな要因となってしまうでしょう。

肩にフケが乗ってしまう事にもなり、どうしても不衛生な印象を与えてしまう事になるので、難しいですができる限り頭には触れないようにしましょう。

頭皮や髪を触らずに、かゆみに耐えるというのは、なかなか難しいです。

また、フケ症だからこそフケを気にするもので、頭にこびりついた脂を含んだフケをどうしても剥がしたくなるのが人情。

この状況でフケを気にするなというのは無理な話です。

こうした状況を解決する一つの対策としては、部屋の中でも帽子をかぶるという事です。

これ自体は、あまり世間一般的には薦められていない行為です。

しかし、フケ症の方には帽子は大きな味方になります。
帽子をかぶっていれば、無駄に髪をいじる事もできなくなります。
タオルを巻いても良いでしょう。
男の方であれば坊主にするという手もありますが、坊主になったらなったで頭皮の方をかきむしる機会が増え、逆効果になりかねません。
帽子やタオルで防護するのが、一番効率が良いと思われます。