フケ症 > 癜風菌(でんぷうきん)・フケ症の原因

癜風菌(でんぷうきん)・フケ症の原因について

フケ症の原因は、頭皮の皮脂腺から発生する皮脂を栄養としている菌の大量発生にあります。

では、これらの菌が大繁殖する事が、なぜフケ症に関係してくるのでしょう。

この、皮脂を栄養源としている菌を、癜風菌と言います。

読みは『でんぷうきん』です。

この癜風菌は、カビの一種と言われています。

つまり、頭の上にカビが生えている状況です。

ただ、それ自体は正常な事であって、人間の身体には菌・カビの部類は常に付着しています。

しかし、この癜風菌というカビの一種が大量に頭皮に付着していると、皮脂が必要以上に分解されていきます。

この菌は皮脂を脂肪酸に分解するのですが、そうする事によって頭の角質の新陳代謝が異常に早まってしまいます。

そうなれば、当然角質はポロポロと剥がれ落ちていきますよね。

これが、フケ症の原因です。

フケ症の元となるのは、新陳代謝を促進させるカビたちの仕業です。

これによって、たとえ毎日二回頭を洗ってもフケが出てしまう、という人まで出てくるのです。

通常、フケが出るのは数日頭を洗わないなど、新陳代謝によってはがれた角質を定期的に洗い流していない人だけです。
しかし、その新陳代謝を人の数倍早くしてしまっているのが、フケ症という病気なのです。
新陳代謝が早いことは良いことだ、と思う方もいるかもしれませんが、正常な状態ではない上に、決して見た目がよくないので、良いことはありません。
できる限り早急に治療すべきなのです。