フケ症 > 重度のフケ症

重度のフケ症について

フケ症は、段階を追って程度が増していきます。

最初の頃は、少しフケが出ているな、という程度だったものが、徐々に肩にフケが落ちるようになり、気が付かない間に枕元にフケばかり、という状況にどんどんとなっていきます。

重度のフケ症の場合、生活している部屋がフケだらけになり、そのフケがホコリと共に床に沢山落ちているような状態になってしまいます。

これは、衛生上、そして健康上かなりよくない状態と言えます。

また、頭皮にも大きな変化が現れます。

重度のフケ症になると、頭皮の毛穴に脂の塊が出てきたり、頭皮が赤くなって炎症を起こしている状態になったり、頭皮以外のみけんや鼻、耳の裏にまで炎症が進行してしまうケースもあります。

ひどい人になると、それが背中にまで侵食していきます。

フケ症は、こういった炎症を引き起こすという意味では、立派な病気です。

この状況で病院にいくと、まず脂漏性皮膚炎という診断を下されるでしょう。

重度のフケ症は、頭皮の毛穴を詰まらせる原因となります。

この場合、様々な問題が発生してしまいます。
一番は、脱毛です。
毛穴が脂漏によってふさがれてしまい、髪の毛が上手く育たなくなってしまうのです。
よって、フケ症をいつまでも放置していると、薄毛、抜け毛の原因となってしまいます。
これはかなりショッキングな事実です。

フケ症は、こういった重度な状態になる前に、予防、もしくは対処をしていかなくてはなりません。
決して軽視できるものではないのです。