フケ症 > 皮脂の大量分泌・フケ症の原因

皮脂の大量分泌・フケ症の原因について

フケ症の原因となる癜風菌(でんぷうきん)の大量発生は、皮脂の大量分泌が原因となります。

では、この皮脂の分泌量が増える要因とは何なのでしょう。

基本的に、皮脂が多いのは男性です。

ですので、フケ症は男性に多い病気と言われています。

皮脂が多く発生するのは、一つは生まれ持った体質であったり、性別であったりといった本人にはどうしようもない物もあります。

その一方で、別の要因もあります。

皮脂の過剰分泌の要因として挙げられるのは、睡眠不足や食事時間の乱れです。

これらは、人間の身体に異常をきたす最大の要因であり、これが原因で皮脂が過剰に分泌してしまうという事が確認されています。

同様に、ストレスが溜まった上体も、体調に悪影響を及ぼします。

これもまた、過剰分泌の要因です。

さらに、性別によって皮脂の分泌量が変わるという事に関連し、ホルモンバランスの乱れによる過剰分泌も考えられます。
男性ホルモンが多くなる事で、こういった症状が生まれるといったところです。
さらには、ビタミンBの不足に関しても、指摘されているようです。

こういった症状は、全て生活習慣の乱れが原因となっています。
体調悪化の多くは生活習慣が整っていないからこそで、このフケ症という症状もまた、その一つに数えられます。
ホルモンバランスにしても、ビタミンBの不足にしても、生活習慣が乱れている故に起こる事と言えます。

つまり、フケ症の原因は、生活習慣の乱れであると考えても差し支えないでしょう。