フケ症 > 生活習慣の乱れ・フケ症の原因

生活習慣の乱れ・フケ症の原因について

フケ症の原因である皮脂の過剰分泌は、基本的に生活習慣を乱している事が要因となります。

もちろん、体質的な部分もかなりを占めますが、やはり一番はストレスであったり、ホルモンバランスの乱れであったり、体質に悪影響を及ぼすような要因が多くなってきます。

そして、それらと同じく、フケ症の外的要因となっているのが、不衛生な生活です。

フケは、不衛生、不潔の象徴ともいえるものですよね。

フケが肩に落ちているというだけで、その人は不潔だと判断する方がほとんどかと思います。

実際、フケ症に悩む人のほとんどは、こういった他人の目が怖い、と不安に思っているかと思います。

どれだけ頭を洗っても出てきてしまうフケに、恐怖を覚える方も少なくないでしょう。

もちろん、清潔にしている方もいる一方で、フケ症の原因が不衛生な生活にあることも否定できません。
洗髪、洗顔、入浴をあまりしていない、あるいは全くしていないという場合は、当然ながら皮脂も溜まりますし、分泌量も増えていきます。
単にフケ自体が頭の上に溜まっていくというだけでなく、実際に皮脂の分泌量が増え、重度のフケ症となっていく原因となっているのです。
不衛生な生活は身体に悪影響を与えるからです。
これも、フケ症の一つの原因です。

フケ症をどうにかしたいという場合、生活習慣を根本から見直す必要があります。
その中で、不衛生な生活を送っているという自覚がある人は、まずそこから直していかなければならないでしょう。