フケ症 > そもそも、フケとは一体何?

そもそも、フケとは一体何?について

そもそも、フケとは一体何なのでしょう?

フケ症でお悩みの方は、頭をかくと際限なく白い粉のような物が出てきますよね。

このフケの正体は何か、何となく想像は付くかと思います。

フケとは、頭皮の老廃物、すなわち頭皮の垢(あか)です。

新陳代謝によって、頭皮上に存在する古い角質細胞が乖離し、フケとなっています。

つまり、フケというのは垢と同じと考えて良いわけです。

フケが不潔である事は、この事からも明白です。

他人の老廃物を見て、なんとも思わないという人はあまり多くないでしょう。

自分自身にしても、老廃物が頭を掻くたびに出てくるというのは、決して良い状況とはいえませんよね。

老廃物を新陳代謝によって外に出すというのは、人間の体において極めて正常な事です。

よって、決してフケが出る事は体がおかしいとか、異常であるという事はありません。

問題は、その量です。

例え毎日頭を洗っても、すぐにフケが出てくるというフケ症の人にとっては、毎日自分の肩に老廃物が乗っているといった状況が、かなり耐え難いものではないでしょうか。

フケそのものは、決して有害な物ではありませんし、異物でもありません。
しかし、自分も含め、人に不快感を与える物である事は間違いありません。
それが目に見えるような状況は、誰も得をしない、好ましくない状態であると言わざるを得ないでしょう。
フケ症は病気と言えるかどうかという議論がなされる事もありますが、困っている人の多さを考えた場合、少なくとも治療方法や予防、対策について思慮を練るだけの価値がある事項である事はまちがいないでしょう。